正月とは一年の最初の月という意味で
元々は1月1日から31日までのことをいいました
今では、1月3日までを三が日、
7日もしくは15日までを松の内と呼び、
この期間を正月とするようになったのです
お正月には初詣に出かけたりおせちを食べたり
凧揚げやかるたなどお正月遊びをして過ごします

  • 1月1日の日の出は新年最初の夜明けであり、おめでたいものとされています。
    1月1日のことを「元日」といいますが、1日の朝のことは「元旦」といいます。本来、元旦の旦の字は地平線から太陽が昇る様を表しており、初日の出の意味がありました。これが転じて元日の朝のことを元旦と呼ぶようになったのです。

  • お正月飾りの代表ともいえる「門松」は、お正月に神様を家に招き入れる時の目印となるものです。松は一年を通じて葉をつける常緑種であることから、生命力や繁栄の象徴とされています。
    家の玄関などに飾られる「しめ縄」は、神様の居場所を区切るための結界です。前年の災いを締め出し、新しい災いが家に入らないようにという意味が込められています。
    「鏡餅」は神様へのお供え物で、床の間や家の中の大切な場所に飾ります。丸く平らな餅が鏡に似ていることから鏡餅と呼ばれています。

  • お正月のご馳走というとやっぱり「おせち」ですよね。おせちは本来、節供(せっく)の料理という意味で「御節」と書きます。節供とは、折々の節目に神様へ感謝し、お供え物を捧げて神様と一緒にご飯をいただくこと。中でも大事な節目であるお正月にいただくものを「おせち」と呼ぶようになりました。
    おせちの中には縁起が良く日持ちするものが詰められます。例えば、日の出の形をしたかまぼこは新年の門出をお祝いする意味が、海老には腰が曲がるまで長生きするようにという願いが込められています。一つ一つの意味を知ると、おせちを食べるのがより楽しみになりそうですね。

  • 幸運の願いを込める品物を「縁起物」といいますが、お正月だと「破魔矢(はまや)」や「お守り」などが縁起物にあたります。
    「破魔矢」とは読んで字のごとく、魔を打ち破り一年の幸福を射止めるためのもの。寺社で授けてもらい家に飾る魔除けの道具です。
    「お守り」は常に身につけて持ち歩き神様のご加護をいただくものです。一年経ったら寺社でお焚き上げをしてもらいましょう。合格祈願や交通安全、長寿祈願など願い事によって種類も様々。見た目にも可愛いものがたくさんあるので選ぶのも楽しいですね。
    他にも、願い事を書いて寺社に奉納する「絵馬」や、運を招き寄せる「招き猫」もお正月によく見る縁起物です。

初詣。神社とお寺では何が違うの?

  • 年が明けて初めて神社やお寺にお参りすることを初詣といいます。新しい一年を無事に過ごせるようにお祈りをします。
    神社とお寺、何が違うかというと、一般的に神社には「神様」が、お寺には「仏様」がいらっしゃるといわれています。もちろんどちらにお参りしても良いのですが、参拝方法が少し異なります。お参りする神社によって違う場合もありますが、神社では「二礼二拍手一礼」が基本。お寺では拍手をせず静かに合掌をします。そのほか、宗派などによる違いもあるので、調べてからお参りするのが良いかもしれません。

縁起の良い初夢は?

  • 新年1日の夜に見る夢もしくは2日の夜に見る夢を初夢といい、夢の内容でその年一年の吉凶を占う風習があります。縁起が良い初夢といえば「一富士二鷹三茄子」といわれるように、富士山・鷹・茄子だとされています。富士山は日本一、鷹は強さ、茄子は「成す」の縁起担ぎとも。そしてさらに「四扇、五煙草、六座頭」と続くのですが、扇は末広がりであることから繁栄をあらわし、煙草は煙が上に上がっていく様から運気上昇を連想させ縁起が良いとされています。座頭とは琵琶法師のことで、その頭に毛がないことから「怪我ない」の語呂合わせで家内安全を意味しています。
    縁起の良い初夢を見るおまじないとして、七福神が乗る「宝船」が書かれた絵を枕元に置く、というものがあります。新年最初に素敵な夢が見られますように。
     
    ※諸説あります

ページトップ