十六団子の日じゅうろくだんごのひ

暦とならわし 2021.03.16

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本人にとって春は、田植えが始まる特別な季節。
この時期になると豊作を願う行事が全国各地で行われています。そのなかでも3月16日は「十六団子(じゅうろうだんご)の日」とされてきました。

十六団子とは、山の神様をお迎えするために作る16個のお団子のこと。
この日になると杵や臼で餅をつき、神様にお供えしてきました。

日本では、古くから山には神様が住んでいると考えられ、信仰の対象として祀ってきました。春になると神様が種子を抱えて山から里へ降りてきて、収穫が終わる秋になると山へ戻り田畑を見守るという言い伝えがあり、この思想は「神去来(かみきょらい)」と呼ばれています。

そこから、3月16日は神様がやってくる日として豊作を祈願し、11月16日は神様が山へ帰る日としてお見送りする風習が生まれました。

なぜお団子をお供えするのかというと、それは神様をお迎えする方法に理由があります。お団子は杵や臼で餅をついて作りますが、ゴンゴンと音を鳴らすことで神様に「お迎えの用意ができましたよ」と知らせる合図になり、神様はこの音を聞いて里山へ降りてくるとされてきました。

また、「16」という数字にも意味があります。

それは室町時代に始まった「嘉祥喰い(かじょうぐい)」という風習に由来しており、6月16日になると無病息災を願い16個のお餅を食べていました。これが江戸時代になると16文(当時の通貨)でお菓子を買い、笑わずに食べきれば無病息災が叶うとされていました。

現在、6月16日は「和菓子の日」と制定されていますが、こうして歴史を振り返ってみると昔から16と和菓子には深い関係があったのですね。

人々の豊作への願いが込められてきた、十六団子の催し。
そのありがたい恵みに感謝しながら、この風習を大切に後世へ伝えていきたいものです。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

松下恭子

ライター
神奈川県出身、2019年に奈良市へ移住。
好きな季節は、春。梅や桜が咲いて外を散歩するのが楽しくなることと、誕生日が3月なので、毎年春を迎えることがうれしくて待ち遠しいです。好きなものは、うつわ集め、あんこ(特に豆大福!)です。

  • note

関連する記事

カテゴリ