煤払いすすはらい

暦とならわし 2023.12.13

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

こんにちは。巫女ライターの紺野うみです。

今年もあっという間に師走となり、残り少ない年内をどのように過ごすか、それぞれに考えながら過ごされている頃ではないでしょうか。
新しい年を清々しい気持ちで迎えるためにも、家の大掃除などをどこかでやらなければと思われている方がいましたら、ひょっとすると今日がその「はじめどき」かもしれません。

古くから続く日本の年中行事である「煤払い」とは、年末のうちに天井や壁に積もっていた煤や埃を取り除く、大掃除のことを言います。
地域によっては、「正月迎え」「ことはじめ」「ええことはじめ」「まつならし」などと呼ばれることもあります。

かつては今日――12月13日に、新しい年の年神様をお迎えするための物忌み(一定期間行動を慎んで不浄を避けること)に入り、この日からお正月を迎えるための準備を始める神聖な節目とされていました。
鬼宿日(きしゅくにち)という縁起の良い日にも当たるので、各地の神社や仏閣でもこの日に煤払いを行うところが多く、年の瀬を感じさせる年末の風物詩ともいえるかもしれません。

それにしても「煤払い」と聞くと、「すす……?」と首をかしげたくなる人も多いことでしょう。
現代の暮らしの中では家の中で「煤」を見かけることも少ないかと思いますが、昔は家の中に囲炉裏・かまど・火鉢などがあり室内で火を焚く習慣がありました。今と違って、「煤」も非常に身近なものだったわけですね。

今では、年末のお休みに入ってから気合いを入れて大掃除を始めている方も多いことと思いますが、この節目に今日から少しずつでも、家の中を整えていくのも素敵なことです。
煤払いの正式なやり方としては、神棚があるお家では神棚をまず綺麗にお掃除していただき、次いで台所や各部屋に手を付けていくのが良いですね。

ご自宅に神棚がなくても、家中であなたにとって特に大切な場所を、まずは綺麗に整えてみてください。
大掃除は一度にまとめてやろうとしても、始めること自体に気合いや準備がいりますよね。だから、まずは部分的に「今日は、ここだけ綺麗にしてみよう」と、少しずつを積み重ねてみることをおすすめします。

掃除というのはある意味で、単純に部屋を綺麗にするというだけでなく、心の中までをも美しく整える「祓い清め」に通じる神聖な行為です。
神道の世界では、神様は「清浄」を好まれるといわれ、社殿や境内の掃除や心身の祓い清めが特に大切にされています。

家の中や日々の暮らしに福を呼び込む基本として、掃除による「祓い清め」はおすすめです。
掃除をして綺麗になった家にいると、どこか気持ちもスッキリして、前向きに新しい挑戦やワクワクするようなことを始めたくなるかもしれません。
幸福で心地よい新年を迎える準備を、皆さんもこの「煤払い」の日から、ぜひコツコツ始めてみてくださいね。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

紺野うみ

巫女ライター・神職見習い
東京出身、東京在住。好きな季節は、春。生き物たちが元気に動き出す、希望の季節。好きなことは、ものを書くこと、神社めぐり、自然散策。専門分野は神社・神道・生き方・心・自己分析に関する執筆活動。平日はライター、休日は巫女として神社で奉職中。

  • instagram
  • facebook
  • note

紺野 うみ|オフィシャルサイト

関連する記事

カテゴリ