仕事納め・御用納め

暦とならわし 2023.12.28

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

こんにちは。巫女ライターの紺野うみです。

師走も早いもので28日となり、今年も残すところあと数日となりました。
恐らく、今日が年内最後の仕事日という方も、きっと多いのではないでしょうか。(もちろん職種によっては、年末年始関係なく働かれている方もおられますね。かくいう私も神社関係者ですから、そのひとり。お仕事の皆様、お互いがんばりましょう!)

仕事の種類も増えて働き方も多様化した昨今は、あまり日にちを限定した言葉として聞くことがないと思いますが、本来は今日――12月28日が正式な「仕事納め・御用納め(しごとおさめ・ごようおさめ)」の日となっています。
実は、日本の行政機関の休日は、法律によって12月29日から1月3日までと定められているので、その前日に当たる28日が、必然的に公式な「仕事納め」の日となるのですね。

ちなみに「御用納め」というのは、江戸時代には幕府や宮中において(現代は国や地方公共団体などの役所において)、その公務を指して「御用」という言葉が使われていたから。
そのため、公的な機関や団体が「御用納め」と使うのに対して、民間企業などの一般的な場合は「仕事納め」という言葉を使うことが多いわけです。

思えば、仕事納めや御用納めの「納める」という言葉。その他にも、年末は「○○納め」という行事やイベントが多くなりますが、これにも日本語の奥深さやこだわりが見え隠れしている気がします。

「仕事終わり」でもなく「仕事止め」でもなく、「納める」という言葉には、「ある状態にきちんとなるように、しまって片付ける」という意味合いが込められています。
ただ単に途中でやめておしまいにするというよりも、きちんとした状態でしまって片付けるように、丁寧に今年の仕事を終わりにしたいよね、という意図が感じられる気がします。

こういった言葉の端々に感じられる、日本人の生真面目な生き方や、ひとつひとつの物事を丁寧に取り扱う文化は、私たちも失くすことなく受け継いでいきたいものです。

さて、今日が仕事納め・御用納めの皆様、今年のお仕事はどんな風に「納める」ことができたでしょうか?
せっかくですから「納め」の夜には、この一年間の成果や働きぶりを振り返ってみませんか。

「こんな成果を挙げられたな」と喜ばしい成果を再認識したり、もちろん「もっとこうすればよかったなぁ」という反省が浮かんだりすることもあるかもしれません。
でもまずは、自分自身に「今年一年、本当にお疲れさまでした」と、ねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

あなたの頑張りを、いつも一番近くで見てきたのは、他でもないあなた自身です。
今年の疲れとともに、背中に背負ってきた、たくさんの荷物をいったん下ろして。
新しい年になったら、また清々しい気持ちで元気に仕事を始めることができるように、ゆっくり休んで心と体に力を蓄えていきましょう!

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

紺野うみ

巫女ライター・神職見習い
東京出身、東京在住。好きな季節は、春。生き物たちが元気に動き出す、希望の季節。好きなことは、ものを書くこと、神社めぐり、自然散策。専門分野は神社・神道・生き方・心・自己分析に関する執筆活動。平日はライター、休日は巫女として神社で奉職中。

  • instagram
  • facebook
  • note

紺野 うみ|オフィシャルサイト

カテゴリ