彼岸、祝日、二十四節気

つくしの子が恥ずかしげに
顔を出しそうな今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは、暦生活のひょっこりです。

3月20日は春分。
昼と夜の長さがほとんど等しくなる日です。

春分は国民の祝日であり、
二十四節気の一つであり、
彼岸の中日でもあるという、
非常にマルチな一日。

どうしても、仕事が休みだワーイと
祝日の部分に目が行きがちですが、
本来の意義は自然をたたえ生物を慈しむこと、
そして、祖先の霊を供養することにあります。

なぜ春分が彼岸の中日と重なるのか。
それは、春分は太陽が真東から昇り、
真西に沈む日だからとされています。

仏教では、極楽浄土は西方浄土ともいい、
西の彼方にあると考えられていました。
そのため、太陽が真西に沈む春分と秋分は
西方浄土に通じやすくなり、
阿弥陀仏にお祈りするのに相応しいからだとか。

春の彼岸では、団子やいなり寿司と共に
「ぼたもち」を供える風習がありますが、
これは小豆の赤に邪気を祓う力があるから
だといわれています。

ちなみに、秋の彼岸でも同様に、
小豆で包んだ「おはぎ」が供えられますが、
一見同じに見える、ぼたもちとおはぎ。
違いはどこにあるのでしょうか?

「こし餡がぼたもちで、つぶ餡がおはぎ」
「もち米がぼたもちで、白米がおはぎ」

などの諸説はありますが、
実はほとんど違いはありません。
ぼたもちは春に咲く牡丹に、
おはぎは秋に咲く萩にちなむという、
名称の違いがあるだけだそうです。

ここで小さな豆知識を一つ。
小豆だけに……失礼しました。

春と秋で呼び名を変える、
変幻自在でスウィートな、ぼたもち兼おはぎ。
実は夏と冬にも、
別の呼び名があることはご存知でしょうか?

その名も、夏は「夜船」で冬は「北窓」。

ぼたもちは、すりこぎで潰して作るため、
「もちつき」は行いません。
そこから「つきしらず」が転じて「着き知らず」となり、
夜の海をさまよう「夜船」になったのだとか。

冬の場合も同様に、「つきしらず」が「月知らず」となり、
月の見えない「北窓」となったそうです。
うん、ダジャレの世界ですね。

でも、同じものでも季節によって呼び名を変える辺りが、
何となく日本的でいいなあと思いました。
自分も季節によって呼び名を変えてみましょうかね。
春はひょっこりで、冬はほっこりとか。
……ややこしいだけで特に需要はなさそうなので、
やっぱりやめときますか。

以上、暖かくなってきて少し浮かれ気分の
ひょっこりがお届けしました。

ページトップ