かさねの色目 櫨はじ

にっぽんのいろ 2020.11.14

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

いよいよ紅葉が始まりました。いち早く紅葉を始めるのはウルシ科の樹木たち。

私が森でよく目にするのはツタウルシです。うっかり触るとかぶれるので厄介な蔓性植物ですが、高い樹木に絡みつく赤はよく目につき、ハッとするような美しさを見せてくれます。

ヤマウルシも、こんなふうに真っ赤に染まります。

山深み窓のつれづれ訪ふものは
色づき初むる櫨の立ち枝  西行

ウルシ科のハゼノキ(櫨の木)は、かつて実から木蝋(もくろう)をとるために盛んに栽培され、細工物の艶出しや蝋燭(ろうそく)の原料とされてきました。いわゆるジャパンワックスです。その野生化したものが現在、本州の野山に生えているハゼノキです。昔はヤマウルシやヤマハゼなど、ウルシ科の樹木を総称してハゼと呼んでいたようです。

かさねの色目の櫨(はじ)は黄櫨色(はじいろ)の略で、表は朽葉、裏が黄。やはりハゼノキからとれる染料で、正式にはヤマハゼ(山黄櫨)からとれる黄色です。ウルシ科の樹木はどれも紅葉が美しいのですが、なかでもハゼの場合は、最初が黄色で、次第にオレンジになり、最後には真っ赤に染まっていきます。その美しさが愛されたようで、和歌にも多く詠まれています。

もずのゐる櫨の立枝のうす紅葉 たれ我が宿の物と見るらむ 藤原仲実

ハゼノキは年数を経ると、芯が鮮黄色になり、その芯材の煎汁を使って染めたものが黄櫨染(こうろぜん)で、天皇が儀式で着用する胞衣に用いられ、もっとも高貴な色とされていました。黄櫨染は櫨(はじ)に蘇芳をかけた、深い赤みのある黄色です。

黄櫨染(こうろぜん)

中国で黄色は皇帝の色とされ、嵯峨天皇がそれに準じて黄櫨染を禁色としたようです。陰陽五行で、春は東の青(木)、夏は南の朱(火)、秋は西の白(金)、冬は北の黒(水)ですが、そのすべての循環を司るのが黄(土)で、黄色は中央にあって、統治するものの象徴でもありました。輝く太陽でもあるのでしょう。

季語で、秋の風は金風(きんぷう)ともいいます。爽やかで、ここちよい風。
寒くもなく、暑くもなく、最高の秋日和が続き、寒暖の差が多くなってくると、いよいよ紅葉の季節の到来です。

ヌルデやヤマウルシなど、ウルシ科の樹木を見分けやすい季節でもありますので、この機会にぜひ見つけてみてください。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

高月美樹

和暦研究家・LUNAWORKS代表 
東京生まれ、三鷹育ち。好きな季節は、初夏の清和と、胸がキュンとする晩夏。趣味は、田んぼ生活・植物と虫・ミツバチ研究。専門分野は和暦文化。『和暦日々是好日』発行人。

  • facebook

太陽と月の結婚

LUNAWORKS

関連する記事

カテゴリ