1月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

銀朱(ぎんしゅ)
日の出のような、深い鮮やかな朱色。
もともとは古代中国でつくられた色で、仏教建築とともに、日本へ伝わりました。神仏への畏怖や崇敬をあらわす色で、様々な工芸品などに使われてきました。

薄紅梅(うすこうばい)
寒い冬の中に、あたたかな春の予感を感じさせてくれるやさしい色。平安時代から多くの人に愛されてきた色のひとつです。

常盤色(ときわいろ)
木々が枯れる冬になっても色あせることなく、青々とした緑色の葉を茂らせる常緑樹に由来する緑色。不老長寿や永遠を象徴する神聖な色とされてきました。

墨(すみ)
灰みのある黒色。煤(すす)を香料と膠(にわか)で練り固めてできた墨の色を指します。数々の書や水墨画を生み出すきっかけとなった、人類最古の染料です。

朱色(しゅいろ)
鮮やかな赤色で、鳥居の色や、印鑑の朱肉など、日本の赤色を代表する色。伝統を感じさせる、素敵な色ですね。

鉄紺(てつこん)
江戸時代に生まれた美しい色。鉄瓶(てつびん)のような鉄の焼き肌を連想させることから、この名が付きました。東洋大学が箱根駅伝で選手に継ぐたすきの色としても知られています。

黄支子(きくちなし)
クチナシで染めた、赤みがかった濃い黄色です。控えめですが、上品で華やかな印象ですね。

羊羹色(ようかんいろ)
和菓子の羊羹のように、落ち着いた大人の色。江戸時代に生まれ、黒や茶色の服が色あせた際の表現として使われるようになりました。

山鳩色(やまばといろ)
美しい黄緑色の羽を持つアオバトに由来する色。鳥の名前が付けられた珍しい色です。

浅縹(あさはなだ)
縹(はなだ)色と呼ばれる濃い青色の中でももっとも薄く、少し紫がかった青色です。何だか見ていると心が穏やかになる綺麗な色ですね。

天藍(てんらん)
力強く、美しい青紫。名前に入っている「天」は、限りなく美しいことを表します。

濡羽色(ぬればいろ)
日本人女性の艶やかな黒髪を思わせる美しい黒色です。「濡」という字は、水に濡れることを意味し、艶を強調するためにつけられます。

宍色(ししいろ)
やさしい雰囲気の明るい橙色です。おもに猪やカモシカなどの食用肉の色とされていますが、古代の日本人の肌の色をあらわしているともいわれています。

璃寛茶(りかんちゃ)
少し黄みがかった美しい茶色です。江戸時代の歌舞伎役者である2代目嵐吉三郎が舞台衣装で好んだ色とされています。「璃寛(りかん)」とは、嵐吉三郎の俳号です。

小豆色(あずきいろ)
古代から、小豆の深い紅色は、魔除けの効果がある神聖な色とされてきました。「小豆色」として色名が登場するのは江戸時代中期になってからです。

鳶色(とびいろ)
鳶の羽のような、暗い赤みがかった茶色です。江戸時代、鳶は人里近くをよく飛んでいて、日本人にとってなじみ深い鳥でした。

鉛色(なまりいろ)
淡い青みがかった美しい鼠色です。明治時代に生まれた色とされ、今でも「鉛色の空」や「鉛色の海」という表現でよく使われています。

枯色(かれいろ)
冬に枯れた草のような、淡い茶色です。江戸時代には冬枯れの景色を楽しむ「枯れ野見」が行われていたそうです。冬枯れの景色は少し寂しい感じもしますが、淡くやさしい色に心が落ち着きます。

雪色(せっしょく)
降る雪のような色。真っ白ではなく、見る角度や周りの風景によって様々な色に見える雪。色の名前もとても素敵ですよね。

薄鈍色(うすにびいろ)
冬の曇り空のような、淡い青みがかった灰色です。空にも季節によって様々な色があり、毎日違った表情を見せてくれます。たまにはゆっくりと空を見上げる時間を持ちたいですね。

檳榔子黒(びんろうじぐろ)
とても上品な深い黒色。ヤシ科の植物であるビンロウジの果実で染められました。

空五倍子色(うつぶしいろ)
江戸時代にはお歯黒の材料にも使われた色。ぬるでという植物に、アブラムシの一種が寄生してできたコブを「五倍子」といい、そのコブを沸騰させ、皮のタンニン酸で染めた色のこと。

東雲色(しののめいろ)
春の夜明けの色として、「東雲色」(しののめいろ)は有名ですね。うっとりとしてしまうほど美しい色です。

鳩羽鼠(はとばねず)
ほんのりと紫みを帯びた鼠色。古くから親しみのある鳩の羽のような色で、とても落ち着きのある上品な色。

丹色(にいろ)
明るい赤色。丹色の「丹」とは「赤い土」という意味です。かつて、鉱物由来の赤色はすべて「丹」と呼ばれていました。

憲房色(けんぼういろ)
黒みの強い茶色です。江戸時代初期の兵法家で吉岡流剣法の祖である吉岡直綱(なおつな)が創始し、同家に伝えた色で、直綱(なおつな)の号である憲房が色名の由来です。

消炭色(けしずみいろ)
黒に近い灰色です。木炭を消したときにできるやわらかい炭(消炭)のような色。英語ではチャコール・グレーやチャコール・ブラックに相当します。

藍鼠(あいねず)
落ち着きのある優しい色。江戸時代では派手な色を着ることが禁止されており、庶民はこのような鼠系や茶系の色を粋とし、様々な色を生み出しました。

媚茶(こびちゃ)
少し黄みがかった茶色。「媚茶」の色名の由来は「昆布茶」。「昆布のような茶色」という意味です。江戸時代の庶民に広く愛された色です。

飴色(あめいろ)
よく料理のときに、「たまねぎが飴色になるまで炒める」と表現しますよね。飴色とは透明感のある褐色みのある橙色で、古来の水飴の色です。

紫紺(しこん)
紫みのもっとも強い紺色を「紫紺」といいます。明治以降流行した色で、高貴なイメージを持ち、今でも校旗や優勝旗などに使われます。

いかがでしたか?1月のにっぽんのいろは、1年の始まりを感じさせてくれる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事