3月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

薄桜(うすざくら)
桜色よりさらに薄い紅染の色。昔から、日本人は桜を愛し、大切にしてきました。桜色とは別に、美しい名前を付ける日本人の繊細な感性が感じられる素敵な色です。

空色(そらいろ)
淡く明るい青色で、晴れた昼間の空のような色。伝統色には、天体や気象に関する色名が少なく、青空を表す色はこの「空色」のみです。気持ちが明るくなる、素敵な色ですね。

桃色(ももいろ)
桃の花のような、かわいらしいピンク色です。もう少ししたら、桃色で華やかに染められ、美しい日本の季節の色を思い出させてくれます。

鳥の子色(とりのこいろ)
少し灰色がかった黄色の「鳥の子色」。鶏の卵の殻の色を表しています。とても素直で優しい色ですね。

曙色(あけぼのいろ)
夜明けの空のようなやさしい橙色。夜が明ける頃の空に浮かぶ、雲の色を表した東雲色とほぼ同じ色とされています。江戸時代に流行し、色名として使われはじめました。

花葉色(はなばいろ)
縦糸は黄色、横糸は山吹色で織り上げられた布の色で、このように縦糸、横糸で異なる色を使う色合いは「織色(おりいろ)」と呼ばれます。

蒲公英色(たんぽぽいろ)
春の代名詞とも言えるたんぽぽにちなんだ鮮やかな黄色です。比較的新しい色で、黄色系の色が少なかった伝統色に華やかな彩りが加わりました。

薄卵色(うすたまごいろ)
卵色を薄くした、薄卵色。見ているとなんだか優しい気持ちになる、いい色ですね。

若芽色(わかめいろ)
新しい命が始まる春にぴったりな色。「若い」と「芽」を組み合わせることにより、芽生えたばかりの新緑をより強調し、美しく言い表しています。

花萌葱(はなもえぎ)
落ち着きと活気を併せ持つ強い緑色。なんだか自然の力を感じられる、素敵な色ですね。

芥子色(からしいろ)
昔から日本の食卓に欠かせないからし。やわらかな茶色を含んだ深みのある黄色です。

千草色(ちぐさいろ)
少し緑がかった薄い青色です。田舎から商家へ奉公に出てきた方のお仕着せによく用いられる色でした。力強い野の草を思わせる、素敵な色です。

白菫色(しろすみれいろ)
女性らしい、優しい紫色。昔から明るい紫色は広く好まれ、様々な色名が誕生しました。見ていると何だか優しい、穏やかな気持ちになります。

若緑(わかみどり)
松の若葉のような、瑞々しい緑色。見ていると元気をもらえそうな、お気に入りの色です。

真紅(しんく)
深みのある、とても美しい色ですね。「紅色」と同じように、貴重な染料であるベニバナで染められた色ですが、紅色よりも濃い色になっています。

白土(はくど)
白い土の色。「しらつち」とも呼ばれる白土は、耐火性に優れ、陶磁器などに用いられてきました。古代絵画の修復にも欠かせない顔料です。

鶯茶(うぐいすちゃ)
さえずりが美しい鶯の背中の色に茶色を掛けた色です。「鶯色」も美しい黄緑色ですが、江戸文化では、「鶯茶」が女性の間で人気が高かったそうです。

洗朱(あらいしゅ)
明治時代以降、日本文化の伝統を大切にしようという意識が高まる中で生まれた色。色が生まれる作業工程の「朱を洗う」という言葉が語源です。伝統的な日本らしい色を、今に伝えています。

京紫(きょうむらさき)
紫は、古くから日本人を魅了し続ける特別な色でした。江戸時代になると、紫の色調は東西に2分され、京都で染められた伝統的な紫根染めの紫を「京紫」と呼びます。

生壁色(なまかべいろ)
塗りたての、水分を含む土壁の色です。江戸時代に好まれた茶と鼠(ねず)の2色を兼ね備えており、庶民に受け入れられ、生壁色を基調にした数多くの色が生まれました。

菜の花色(なのはないろ)
春の大地を黄色に染める葉の花畑は、日本の春の風物詩。菜の花畑を見渡した時の、ほんの少しだけ緑の入った明るい黄色で、見ていると元気をもらえる色です。

薄紅(うすべに)
少し黄みがかった、温かな雰囲気を持つ薄紅。紅花染の中でも、一際薄い色で、禁色とされた紅色とは逆に、庶民も身につけられる色でした。紅色に比べて、穏やかな印象を持つ優しい色です。

菫色(すみれいろ)
春の野に咲くスミレのような、美しい青紫色。上品でおしとやかな雰囲気を持つスミレは、古くから文学・芸術作品によく登場します。

柳色(やなぎいろ)
柳は新芽のうちがもっとも美しいとされ、その水々しい緑は平安時代、貴族に愛されました。柳は春の季語にもなっており、数多くの和歌にも詠まれました。

真朱(しんしゅ)
古くから朱色は権威を表す色として扱われ、神社の鳥居や朱肉などに用いられてきました。エネルギーを感じる色ですが、どこか温かみのある色ですね。

青丹(あおに)
暗めの落ち着いた黄緑色。孔雀石を砕いた岩緑青の古名が由来。岩緑青とは、日本画で使われる緑色の岩絵の具です。「青丹よし」と、「奈良」にかかる枕詞でもおなじみですね。

桜色(さくらいろ)
古くから日本人が愛してやまない桜の花びらの色です。春の暖かさ、美しい風景を思い出させてくれる素敵な色ですね。

土器色(かわらけいろ)
素焼きの土器のような色。平安時代、土器は宮中の日用の器に用いられました。「土器色」は土器の他にも、着物の色としても使われました。

梅鼠(うめねず)
紅梅の花のような、赤みがかった鼠色。江戸時代、染色の数を制限された中で、人々は様々な色の掛け合わせを楽しみ、「鼠」と名のつく色名が数多く生まれました。

紅掛花色(べにかけはないろ)
艶のある、上品で美しい青紫色です。風情ある名前は古典にも登場し、今も昔も多くの人に愛され続けています。

空色鼠(そらいろねず)
青みを含んだ、薄く明るい灰色です。空にぼんやりともやがかかり、空色鼠になる様子は、見ている者の心を落ち着かせ、静かで穏やかな気持ちになります。

いかがでしたか?3月のにっぽんのいろは、花の季節を感じさせてくれる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

『365日にっぽんのいろ図鑑』

季節に合わせた日本の伝統色を1日1色365色、名前の由来や色にまつわる物語を写真とともに紹介します。
※画像のリンク先はAmazonになります。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事