4月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

退紅(あらぞめ/たいこう)
淡く美しい紅色。「褪めた紅色」という意味の名前ですが、この「褪」は色の色調をあらわしています。あえて褪せた色に調えた、優しい印象を受ける春らしい色です。

黄丹(おうに)
中国から伝わった色で、皇帝の服の色でした。日本でも皇太子の袍(ほう)の色とされ、奈良時代に禁色(きんじき)とされて以来、今も続いています。あざやかな、春の陽光のような色。

灰桜(はいざくら)
桜色よりも少し沈んだ、落ち着いた色。不思議とくすんでいるという印象はなく、上品な大人の女性を感じさせるあたたかな色になっています。

本紫(ほんむらさき)
紫草(むらさきそう)の根で染めた紫根染めの色。江戸時代、紫根を使わない新しい紫色が登場したため、「本当の紫」という意味を込め「本紫」と呼ばれました。

紅絹(もみ)
力強さを感じさせる紅赤。鬱金(うこん)やクチナシで黄色に染めた後、紅花で染めたあざやかな色。紅花を包んだ袋を揉み、色を出したことから名付けられました。

乙女色(おとめいろ)
優しく可愛らしい雰囲気の乙女色。八重咲きの花をつける、乙女椿のようなやわらかい色ともいわれます。明るいその色調に、かたくなった心もほどけるよう。

鮮緑(せんりょく)
日差しを浴びて、いきいきと輝く木々の葉を連想させる美しい色です。混じり気のないあざやかな色で、力強いエネルギーに満ちています。

御召茶(おめしちゃ)
落ち着きのある、緑みの深い青色。11代将軍である徳川家斉(いえなり)が愛用した高級縮緬の色とされ、御召料と呼ばれた縮緬が、そのまま色名になりました。

半色(はしたいろ)
濃くも薄くもない、中間の色という意味ですが、特に紫にその名前が使われました。おだやかで優美な色です。聴色とされ、平安時代は庶民が好んでこの色の服を着ていたそうです。

江戸茶(えどちゃ)
江戸時代前期に新色として生まれ、流行しました。名前に「江戸」とつけることで、新しい趣向の色であることを強調しました。江戸の人々にこよなく愛された色でした。

灰白色(かいはくしょく)
灰を少し含んだ、黄みのある白色。白と灰、色の境界が曖昧な色にも、名前をつける日本人の色彩への細やかな気遣いと美意識が窺える色名です。

桃紅色(とうこうしょく)
桃色に比べて紅みが強く、華やかさが増した桃紅色。おしとやかな桃色よりも華やかに、日本の春を美しく染め上げてくれます。

裏葉色(うらばいろ)
葉の裏の薄い色。日本人らしい、繊細な色名です。陽光のもと、葉の表と裏のコントラストが際立ち、その美しさに思わず見とれてしまいます。

虹色(にじいろ)
名前が、とても魅力的。紅花で染めた薄い絹地は、シャボン玉のように見る角度によって青みがかって見えたり、紫みに見えたりすることがあります。豊かな輝きを秘めた、美しい色です。

柳緑(りゅうりょく)
黄みを含んだ緑色。春の美しい風景、自然のあるがままの姿を思わせる色で、眺めているとおだやかで落ち着いた気持ちになります。

蓬色(よもぎいろ)
蓬の葉のような、深い緑色。日本のいたるところで自生する蓬は、蓬餅になったり薬に活用され、人々に愛され大切にされてきました。この色にも、特別な愛情を感じます。

蒼色(そうしょく)
草が深く生い茂る様子を表現した色。自然の豊かさを感じさせる、力強い色です。蒼色は、山や野原の様子を表すときに使われることが多く、その色名を見るだけで、目の前に雄大な自然の風景が広がるようです。

菜種油色(なたねあぶらいろ)
菜種からとられる菜種油のような色。少しくすんだ、緑を含む黄色です。「菜種油色(なたねゆいろ)」「油色(あぶらいろ)」などさまざまな呼び名があり、たくさんの人がこの色を愛してきたことが窺えます。

中紅花(なかのくれない)
紅花だけで染めた、明るく華やかな紅色です。『延喜式(えんぎしき)』に記された伝統色で、色の中でもひときわ明るい色。見ていると、気持ちも晴れやかになる美しい色です。

蘇芳色(すおういろ)
紫みのある、くすんだ赤色。上品な大人の色ですね。染料となる蘇芳と蘇芳染めの技術は奈良時代に伝わり、当時はその貴重さからとても高貴な色とされました。

浅青(せんせい)
くすみのある青色ですが、その分深みを感じさせてくれる色です。ネモフィラの花を思わせる爽やかな色は、この季節にふさわしく穏やかな気持ちにさせてくれます。

青柳(あおやぎ)
柳色より少し青みがかった明るい緑色です。緑が深まる手前の、若い柳の色のよう。春の優しい風に揺れる柳の葉を思わせる、たしかな生命力を感じさせてくれます。

人参色(にんじんいろ)
ニンジンの根のような、元気の出る明るい橙色です。室町時代に中国から伝わったとされるニンジン。免疫力を高めてくれるカロテンが豊富に含まれています。その色からも、元気をもらえそうです。

淡水色(うすみずいろ)
藍染の色をかなり薄く染めた、涼しげな色。「瓶覗(かめのぞき)」よりも淡く、その色は濁りのない清流を思わせ、見ていると心が落ち着きます。

深川鼠(ふかがわねず)
ほのかな緑みを帯びた灰色で、落ち着きと渋みを兼ね備えた色。華やかな色ではありませんが、粋な雰囲気を持つ素敵な大人の色です。

牡丹鼠(ぼたんねず)
鮮やかな牡丹色に、鼠色を重ね合わせた色です。どこか艶やかさも感じさせてくれる、落ち着いた色をしています。ふと立ち止まりたくなった時に、そっと寄り添ってくれる色。

緋色(ひいろ/あけいろ)
黄みがかった明るい赤色です。赤は古来より神聖な色とされ、太陽、火、血を象徴する色でした。今も巫女装束として、緋袴が用いられています。

黄蘗色(きはだいろ)
黄檗はミカン科の落葉高木で、内皮の鮮やかな黄色がその名前の由来です。防虫効果が珍重され、古くから経文や公文書には黄檗で染められた紙が使われてきました。

躑躅色(つつじいろ)
赤、白、ピンクと、さまざまな色があるつつじ。「躑躅色」とされるのは、紫がかったあざやかな赤色のつつじを差します。昔から、たくさんの人に愛され和歌に詠まれてきました。

牡丹色(ぼたんいろ)
紫がかった、美しい赤色です。奈良時代に日本にやってきた牡丹は、昔から着物や漆器の文様などに用いられ、多くの人々に愛されてきました。

いかがでしたか?4月のにっぽんのいろは、新しい生活を感じさせてくれる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

『365日にっぽんのいろ図鑑』

季節に合わせた日本の伝統色を1日1色365色、名前の由来や色にまつわる物語を写真とともに紹介します。
※画像のリンク先はAmazonになります。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活