5月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

苗色(なえいろ)
爽やかな風に揺れる、稲の苗の色。その色は力強くそして明るく、未来への希望を感じさせてくれます。時代により、色名が微妙に変化していることから、人々の生活と田園風景がより近かったことが窺えます。

勿忘草色(わすれなぐさいろ)
ワスレナグサのような、凛とした青。ワスレナグサの花言葉は「私を忘れないで」。その名前と花言葉は、ドイツの切なく悲しい伝説に由来します。勿忘草色は明治時代から使われる色で、美しさのなかにほんの少しだけ、切ない気持ちを隠したような色をしています。

藤色(ふじいろ)
春も終わりに近づく頃、美しい紫の花を咲かせる藤の花。藤の花のような美しい藤色は平安時代に広がり、その豊かな青紫は特に日本の女性に愛されてきました。

山吹色(やまぶきいろ)
晩春に花を咲かせるヤマブキのような、赤みを帯びた黄色。山吹色は、平安時代からの色です。ヤマブキは春から夏へと季節の移ろいを教えてくれる花で、古くから人々に愛されてきました。

菖蒲色(あやめいろ)
アヤメやハナショウブの花の色にちなむ、美しい紫色。初夏の新緑を背景に、品のある紫は落ち着いた大人の女性を感じさせ、凛々しくも美しい表情を私たちに見せてくれます。

若竹色(わかたけいろ)
健やかに成長していく若竹のような明るい緑色。竹の成長にともない、若竹色→青竹色(あおたけいろ)→老竹色(おいたけいろ)と色の名前も変化し、風情を感じさせてくれます。

長春色(ちょうしゅんいろ)
長春花、四季薔薇と呼ばれる中国原産の薔薇が色名の由来です。落ち着いた薄紅色は女性に好まれ、大正時代から流行したそうです。春の終わりに咲くバラは、夏への橋渡しのようです。

卯の花色(うのはないろ)
卯の花はウツギの別名です。初夏に小さな白い花を咲かせ、その美しい様子から「雪かとまごう」といわれました。卯の花色はほのかに黄みを含む、落ち着いた白色をしています。

藤紫(ふじむらさき)
艶やかで美しい、藤の花を思わせる紫。紫は古くから高貴な色として特に女性に愛されてきました。その中でも藤紫は、明治時代に登場した化学染料を用いて染められた、鮮やかな紫色に使われます。

杜若色(かきつばたいろ)
初夏に紫色の花を咲かせるカキツバタに由来する色。青みのある紫で、かつてはカキツバタの花に紙や布を擦り付け、紫をうつしとっていたといわれています。

青竹色(あおたけいろ)
青みの強い緑色。春から初夏の日光を浴び、青々とたくましく成長した竹の色です。日本に古くから自生する竹は、人々の生活に根ざした、なくてはならないものでした。

水柿(みずがき)
水色と柿色を染め重ねた色なので、水柿と呼ばれます。優しく穏やかな色で、見ていると心が落ち着きます。この時期に花咲く茶菖蒲(ちゃしょうぶ)にもどこか水柿の色が重なります。

苺色(いちごいろ)
熟したイチゴのように鮮やかな紅色。一般的にイチゴというと、江戸時代末期にオランダからやってきたオランダイチゴのことをいいます。夏のはじまりを感じさせる、力強い色ですね。

白練(しろねり)
絹糸を精錬しあらわれる白色を「白練り」といいます。古代では天皇の装束の色とされ、神聖な色とされてきました。深く上品な色は、神々しい雰囲気を醸し出します。

緑青色(ろくしょういろ)
松の緑や常緑樹などを描く際の日本画に欠かせない大切な色で、飛鳥時代に中国から伝わった顔料としては特に古いものとされています。深く輝く、魅力的な緑色。

薔薇色(ばらいろ)
「薔薇色の未来」「薔薇色の人生」など、明るく幸せな未来を連想させる華やかな色です。 バラの美しい姿と色あいから、多くの人に愛され、親しまれています。

若苗色(わかなえいろ)
平安時代からの色で、「初夏」を表す色とされています。植えられたばかりの稲は、若々しさにあふれ淡い黄緑色。爽やかな風にそよぐ若苗に、勇気と元気をもらえるような気がします。

石竹色(せきちくいろ)
セキチクは中国原産のナデシコ科の花。日本の大和撫子(やまとなでしこ)に対し、唐撫子(からなでしこ)といわれます。石竹色はやわらかな紅色で、見ているだけで心安らぎます。

柳煤竹(やなぎすすたけ)
柳煤竹は、深く渋い黄緑色。江戸時代につくられ人気のあった、古く煤けた竹のような「煤竹色」のバリエーションのひとつです。物静かな印象ですが、どこか江戸好みの「粋」を感じます。

納戸色(なんどいろ)
現代でも根強い人気のある、藍で染められたやや緑みのあるくすんだ青色。「納戸の入り口に引かれた幕の色」「薄暗い納戸部屋の色」など、名前の由来にはいくつかの説があります。

紅藤色(べにふじいろ)
わずかに紅がかった上品な藤色です。多くのバリエーションを持つ藤色ですが、「紅藤色」は特に若い女性に受け入れられています。江戸時代後期の流行色です。

紺青色(こんじょういろ)
平安時代に中国からもたらされたアズライトから精製された顔料で、濃い紫を含む青色です。深い海のように、静かで力強い魅力を持つ色。

瑠璃色(るりいろ)
瑠璃とは仏教で珍重された「七宝」のひとつに挙げられる青色の宝石。「瑠璃色」はこの宝石の色をあらわしています。瑠璃色は、深く美しい最上の青色に対する美称です。

楝色(おうちいろ)
青みがかった美しい紫色。楝(おうち)とは、栴檀(せんだん)の古名で、楝が初夏に咲かせる淡い紫色の花が色名の由来です。上品で落ち着いた、大人の女性を思わせる色。

縹色(はなだいろ)
夏らしく、爽やかで美しい青色です。青系の伝統色の中では、代表的な色です。時代によって少しずつ色も変化してきましたが、何にもとらわれない、「自由」を感じさせてくれる色です。

雲井鼠(くもいねず)
明るく美しい灰色。「雲井」とは雲のある場所のようにはるか遠いところを指し、宮中を意味していました。落ち着いた色ですが、その中に揺るぎない芯を感じます。

花紫(はなむらさき)
藍で染めた花色に、紅花で染め重ねたことから花紫と。華やかさのなかにも落ち着きを感じる色。名前も美しく、いつでもそばにおいておきたくなります。

瓶覗(かめのぞき)
藍染の中で、もっとも薄い色をしている「瓶覗」。染料の入った藍瓶の中に、わずかに浸して染められた布の色。「藍瓶の中を少しだけ覗いてきた色」という意味の名前がついています。

浪花鼠(なにわねず)
浪花(大阪)の地で生まれた鼠色。繊細で落ち着いた大人の色ですね。商都として賑わう大阪がもつ、繊細で美しい表情が窺える綺麗な色です。

水浅葱(みずあさぎ)
濃淡によって様々な名前を持つ藍染めの中で、「瓶覗(かめのぞき)」の次に淡い色とされています。水浅葱の「水」は、水そのものの色ではなく「水で薄めた」という意味です。

藤黄(とうおう)
日の光のようにあざやかな黄色。日本画や友禅染めで使われてきた、とても美しい色です。眺めていると、そっと寄り添い支えてくれるような不思議な気持ちになります。

いかがでしたか?5月のにっぽんのいろは、初夏の爽やかな風を感じさせてくれる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

にっぽんのいろが、本になりました!『365日にっぽんのいろ図鑑』

季節に合わせた日本の伝統色を1日1色365色、名前の由来や色にまつわる物語を写真とともに紹介します。

バックナンバー

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活