6月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

蟹鳥染(かにとりぞめ)
蟹鳥とは貴人(身分や地位が高い人)の産衣のことです。淡く優しい爽やかな青色で、蒸し暑い日が多くなってくるこの季節に、ほどよい清涼感をくれるようです。

蜥蜴色(とかげいろ)
深い黄緑色。萌葱(もえぎ)と赤色の糸で織った織糸の色で、光の当たり方によって色が変わって見えます。ニホントカゲの美しい体表を思わせることからこの名前が付きました。

水縹(みはなだ)
明るく上品な青色。「みずはなだ」とも。明るい青色は一般的に水色と呼ばれますが、万葉の時代では水縹といわれていました。とても素敵な古の表現ですね。

古代紫(こだいむらさき)
古い時代に重宝されていた美しい紫色です。京都の伝統的な紫染の流れを汲んでいるため、京紫に近い色とも。歴史と伝統を背負った、気品あふれる色です。

青墨(あおずみ)
深みのある美しい青色。日本画の青色顔料を墨の形に固めた絵具を青墨と呼びます。現代では主に、絵画や書道、水墨画などで使用されています。

豆青(とうせい)
淡い青緑色。中国の竜泉窯(りゅうせんよう)で作られた磁器の色で、新鮮な豆の青さを思わせる色です。清らかで美しい、古の伝統を感じさせる色ですね。

青緑(あおみどり)
青色とも緑色とも言い難い、青みがかった美しい緑色。歴史ある色で、平安時代にまとめられた禁中における規則や儀式などが書かれた『延喜式(えんぎしき)』にその色名が記されています。

熨斗目色(のしめいろ)
灰みの強い鈍い青色。熨斗目とは、主に江戸時代でよくみられた士分(武士)以上が着用する礼服のことです。静かな雰囲気の色ですが、同時に力強さも感じます。

弁柄色(べんがらいろ)
暗い赤みの茶色。鉄分を含む赤土に由来する顔料です。顔料の中では、朱とともに最も歴史があるといわれています。弥生土器にもその色が確認できるほど。

小麦色(こむぎいろ)
赤を含む薄茶色で、美しい麦畑を連想させる色です。文学表現にもたびたび登場し、日焼けした肌への表現に使われることも。本格的に夏を迎えるこれからの季節部ぴったりの色ですね。

花緑青(はなろくしょう)
明るく美しい青緑色。19世紀初めにヨーロッパで生み出された人工顔料で、「パリス・グリーン」とも呼ばれています。成分に毒性を持っていたため現在は使われておらず、色名だけが残っています。

琥珀色(こはくいろ)
琥珀とは植物の樹脂が化石となった鉱物のことをいいます。仏教の宝、七宝(しちほう)にも数えられ、古くから装飾品などに使われてきました。

呉須色(ごすいろ)
磁器や陶器などの染付に用いられる色。染付は中国から日本の伊万里へ伝わりました。日本人にとって身近な藍色で、その美しい色は今も様々な場所で愛され続けています。

苔色(こけいろ)
昔から日本人が愛してきた苔のような色。深みのある緑は侘び寂びを感じさせます。日本人は昔から苔を鑑賞する文化があり、苔むした時間の経過に風情を感じる繊細な感覚を持っています。

白緑(びゃくろく)
白緑とは、緑青(孔雀石を細かく砕いたもの)をさらに細かく砕くことで生まれる明るい色です。飛鳥時代より仏像の彩色などに用いられてきました。尊厳の中にも自愛を感じる、優しい色です。

若紫(わかむらさき)
華やかで明るい紫色。平安時代の『源氏物語』や『伊勢物語』にも登場する言葉ですが、色名としては江戸時代から使われるようになりました。

花浅葱(はなあさぎ)
明るく美しい青色。花は「ツユクサ」を指し、花浅葱とはツユクサによって染められた浅葱色(緑みがかった青色)のことをいいます。昔ながらの染色方法の確定は難しいとされ、現在はこのような色で表されます。

葉緑色(ようりょくしょく)
深く美しい緑色。「葉」と「緑」という似た意味の言葉を重ねることで、より緑みを強調した色名になっています。力強く葉が育っていくこの季節にぴったりな、自然を感じさせてくれる色です。

天色(あまいろ)
色名も美しい、晴れた空の色。天候や空模様を表すこともあり、この言葉を聞くと人それぞれ様々な空模様を思い浮かべることができそうです。「あめいろ」「てんしょく」「そらいろ」などの読み方も。

茄子紺(なすこん)
代表的な夏野菜であるナスのような色。ナスはインド原産の野菜で、8世紀ごろに中国を経由して日本へやってきました。深く美しい紫は、夏の訪れを感じさせてくれます。

浅葱色(あさぎいろ)
清涼感のある、美しい青。藍染の工程で生み出される色で、浅葱色は様々なバリエーションがあります。古くから日本に普及した色で、夏を迎えるこの季節にふさわしい色です。

夏虫色(なつむしいろ)
玉虫色と同じ色といわれる深い緑色で、平安時代の衣の色でした。色の名前にもなっている玉虫の羽は見る角度によって色が変わり、その光沢はまるで宝石のよう。夏に向けて命の輝きを感じさせてくれる色です。

藤鳩羽色(ふじはとばいろ)
藤色に灰色みを加えた、落ち着いた紫色。藤色も鳩羽色も、昔から多くの人に愛されてきた人気色です。ちょうど土鳩の首の色のようで、上品な色ながらどこか親しみも感じます。

群青色(ぐんじょういろ)
アズライトと呼ばれる鉱物を砕いて作られる岩絵具の色。とても貴重なものとされ、宝石に匹敵するほどの貴重品でした。オランダの画家フェルメールも好んで使い、印象的な青で様々な名画を生み出しました。

根岸色(ねぎしいろ)
根岸土で仕上げた「根岸壁」の色。江戸時代に登場した根岸色は深みのある渋い緑ですが、その色には青寄りのものや茶寄りのものなど、色に幅があったようです。人々が繋いできた、歴史を感じさせる色ですね。

葵色(あおいいろ)
葵の花のような、優しい紫色。高貴な印象を抱く紫ですが、葵色は馴染み深く、暮らしの中にも取り入れやすい色です。梅雨の雨に映える、美しい色。

赤紫(あかむらさき)
赤と紫の合間に位置する、鮮やかな色。奈良時代から平安時代にかけては、深紫の次に高貴な色とされていた時期もありました。緑や青、紫とともに夏の訪れを感じさせてくれます。

紫陽花青(あじさいあお)
梅雨に咲く紫陽花の花の色。紫陽花は土の酸度によって花の色が変化します。青に紫、白にピンク。色鮮やかに、雨の季節を彩ります。

濡葉色(ぬれはいろ)
雨に濡れた葉をあらわす、鮮やかな緑色。雨がよく降る季節に生まれた、日本ならではの色かもしれません。雨の日には雨の日の楽しみがある。そんなことに気づかせてくれる色ですね。

孔雀緑(くじゃくりょく)
孔雀の羽のような、鮮やかな青緑色。孔雀石(マラカイト)の粉末で染めた色で、金に次いで高価といわれる岩絵具です。眺めていると、背筋がピンと伸びるような美しい色ですね。

いかがでしたか?6月のにっぽんのいろは、夏のはじまりや梅雨の季節を感じさせる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

にっぽんのいろが、本になりました!『365日にっぽんのいろ図鑑』

季節に合わせた日本の伝統色を1日1色365色、名前の由来や色にまつわる物語を写真とともに紹介します。

バックナンバー

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事