6月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

褐色(かちいろ)
藍染の中でも、黒に見えるほど濃い色をしています。
「勝つ」という音に通じるため、鎧甲冑の糸に使われたといわれています。

夏虫色(なつむしいろ)」
光のあたり具合によって、複雑に色が変化するタマムシの羽の色。
虫の名前が付けられたとても珍しい色で、昔の人が楽しみながら色の名前を考えた光景が浮かびます。

向日葵色(ひまわりいろ)
ひまわりの花のようなビビッドな黄色。比較的新しい伝統色で、人口染料によって生まれました。見るだけで元気の出る素敵な色ですね。ひまわりは、父の日に贈られることも多い花です。

古代紫(こだいむらさき)
「古代」と名前についていますが、誕生したのは江戸時代です。当時流行した派手目な紫に対し、平安時代に愛された紫を、推測をもとに誕生させ、それを「古代紫」と呼びました。

楝色(おうちいろ)
少し青みがかった紫色。楝(おうち)とは、栴檀(せんだん)の古名で、楝が初夏に咲かせる淡い紫色の花が色名の由来です。とても上品で落ち着いた色ですね。

青碧(せいへき)
雨の季節を思わせるような、美しい青緑色。
古代中国の宝石「青碧」の色に由来する服の色から生まれた色名です。

緑(みどり)
木々の葉のように、深く美しい色。
古くは寒色系の色を「あお」と呼びましたが、その中でも特に深い緑色は「そにどりのあお」と呼ばれていました。このそにどりは、カワセミの古名です。「みどり」は、「そにどり」が転じたものという説もあります。

葵色(あおいいろ)
明るく美しい紫。
花名になっている葵は、まっすぐに伸びた茎に大きな花を咲かせる「立葵(たちあおい)」のこと。上品で優しい、素敵な色です。

紺碧(こんぺき)
空や海など、どこまでも深く澄み渡っている美しい青色の表現でよく使われます。これから見られる夏の空も、楽しみのひとつです。

水縹(みはなだ)
明るく上品な青色です。
薄い藍染の色で、「みずはなだ」とも呼ばれます。『万葉集』にもその色名が登場します。

花緑青(はなろくしょう)
明るく美しい青緑色。
19世紀のパリでつくられた人工顔料「パリス・グリーン」の色で、日本では「花緑青」と呼ばれています。現在では顔料は使われなくなり、その色名だけが残っています。

琥珀色(こはくいろ)
琥珀とは、植物の樹脂が化石となったもので、昔から装飾品などに使われました。
江戸時代では、特殊な光沢のあるものを、色調に関係なく琥珀と呼んだそうです。

呉須色(ごすいろ)
磁器や陶器などの染付に用いられる色。
普段の生活の中でもよく見かける身近な藍色です。

朱色(しゅいろ)
鮮やかな赤色で、鳥居の色や、印鑑の朱肉など、日本の赤色を代表する色。
伝統を感じさせる、素敵な色ですね♪

白緑(びゃくろく)
日本画に欠かせない緑青色(ろくしょういろ)は、孔雀石を細かく砕いてつくり出されますが、この白緑はその孔雀石をさらに細かく砕くことで生まれる明るい色です。

若紫(わかむらさき)
華やかで明るい紫色です。
机でも、パソコンの画面でも、家の中でも、明るい紫色が少しあるだけで一気に華やぐような気がします。

花浅葱(はなあさぎ)
花浅葱の「花」とは、ツユクサのこと。
「花浅葱」とは、ツユクサによって染められた「浅葱色」です。とても美しい、明るい青色。

青緑(あおみどり)
青みがかった美しい緑色。見ていると心が落ち着いてくるようです。平安時代初期にまとめられた、禁中における規則や儀式などが書かれた『延喜式(えんぎしき)』にその色名が記されています。

天色(あまいろ)
晴れた空の色。すっきりと淀みなく、やさしい色ですね。
青空を見上げることがとても好きで、この色は見た瞬間に何だか大好きになりました。

蕎麦切色(そばきりいろ)
落ち着いた自然な色で、蕎麦の色をあらわしています。
江戸時代では蕎麦は大人気で、どの町にも一軒は蕎麦屋さんがあったそうです。

錆青磁(さびせいじ)
中国の南宋時代につくられた、美しい色の青磁。「錆青磁」は、青磁色を少しくすませたような色です。落ち着きがあり、穏やかな気持ちにしてくれる色ですね。

深紫(こきむらさき)
紫根によって、何度も染め重ねられた深紫。紫の中で最も濃く、聖徳太子が制定した「冠位十二階」において、最高位をあらわす色でした。どこか厳かな気持ちになる特別な色です。

二藍(ふたあい)
明るく、上品な青紫色。藍で染めた上に、紅花で染め重ねました。面白いのは、着る人の年齢によって藍と紅の割合が変わったこと。若いほど紅を強く、壮年ほど藍が強くなりました。平安文学でよく見られる、平安時代の人気色でした。

群青色(ぐんじょういろ)
群青とは青の集まりという意味で、青の王者などともいわれます。群青の岩絵の具は、はるか昔から、宝石に匹敵するほどの貴重品とされてきました。

根岸色(ねぎしいろ)
とても穏やかで落ち着く色ですね。
根岸色とは、東京の根岸でかつてとれた、砂質の上等な壁土の色を指します。

麦藁色(むぎわらいろ)
麦藁帽子などの麦藁の色です。明るくて渋い、落ち着く色ですね。
麦藁色は、白ワインの色の表現などにもよく使われます。

赤紫(あかむらさき)
優雅で華やかな色。
赤と紫の中間にあたる色で、とても存在感のある色ですね。

熨斗目色(のしめいろ)
灰みの強い鈍い青色。熨斗目とは、生糸(きいと)、半練糸(はんねりいと)を用いた平織りの絹織物のことです。江戸時代には、士分以上のものが裃などの下に着用しました。

弁柄色(べんがらいろ)
暗い赤みの茶色。土の中で酸化した鉄分を主成分とする顔料で、歴史は古く、旧石器時代から使われた最古の顔料です。

孔雀緑(くじゃくみどり)
とても強く、魅力的な青緑。孔雀石の粉末で染めた色で、とても高価な色とされています。

いかがでしたか?6月のにっぽんのいろは、夏のはじまりや梅雨の季節を感じさせる色がたくさん。お気に入りの色を見つけられたら、「#にっぽんのいろ」の#タグをつけて、TwitterやInstagramなどで教えていただけたら嬉しいです。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事