7月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

青藍(せいらん)
紫を含んだ深い青色。藍染のなかでも鮮やかな色をしており、明治時代に色名が定着した比較的新しい色です。美しい色ですが、どこか寂しさを潜ませているように感じます。雨の日によく似合う色。

小麦色(こむぎいろ)
深みのある橙色です。小麦の粒のような色で、きれいに日焼けした肌をさす色でもあります。これから本格的に夏に向かう今の季節にぴったりな色名です。

鮮緑(せんりょく)
日差しを浴びて、いきいきと輝く木々の葉を連想させる美しい色です。
エネルギーに満ちた、力強い色ですね。

嫩黄色(どんこうしょく)
穏やかで優しい、明るい黄色です。
「嫩」は若さ、弱さ、美しさを表します。

藍気鼠(あいけねずみ)
藍を含んだ鼠色。「気」は、なにかの色が混じっていることを表現しています。ここでは、藍色が加わった鼠色という意味です。

薄藍(うすあい)
藍色を薄くした、淡く渋い青色です。派手さはありませんが、すっきりと綺麗な色です。曇りの合間に少しだけ覗く空のような色。

蟹鳥染(かにとりぞめ)
涼しげで爽やかな青色です。
蟹取とは貴人(身分や地位が高い人)の産衣のこと。見ていると心が落ち着く素敵な色ですね。

小鹿色(こじかいろ)
小鹿の明るく優しい体毛の色。
鹿は神の使いともされ、身近な動物として親しまれてきました。

裏柳(うらやなぎ)
あっさりとして落ち着いた緑色。
柳の葉裏のような色で、江戸時代に用いられました。

利休色(りきゅういろ)
抹茶の緑みを連想させる落ち着いた色です。
名前に付いている「利休」は、安土桃山時代の茶人・千利休から付きました。

深縹(こきはなだ)
「ふかきはなだ」とも読まれる、とても古くからある色です。藍染の中でももっとも濃く、わずかに紫も含んでいます。平安時代から鎌倉時代にかけ、おもに男性の服の色として用いられてきました。

白菫色(しろすみれいろ)
女性らしい、優しい紫色。
昔から明るい紫色は広く好まれ、様々な色名が誕生しました。
見ていると何だか優しい、穏やかな気持ちになります。

相思鼠(そうしねず)
名前の由来となった相思鳥(そうしちょう)はスズメ目の美しい小鳥。
身を寄せ合って羽づくろいし合う様子からその名前がついたそう。

虫襖(むしあお)
深く、暗い緑色。光の具合によって複雑な色に輝く、玉虫の羽の色です。「虫青」とも書き、この「虫」は玉虫のことをさしています。

玉子鼠(たまごねず)
明るく、落ち着いた印象の黄色。
名前には「鼠」が入っていますが、灰色の量は少なく、
穏やかな色になっています。

紅鬱金(べにうこん)
エネルギーに満ちた美しい赤色。
黄色の鬱金色の下染めに、紅花や蘇芳を重ねた色。

青(あお)
青い空に青い海。「青」は、まさに夏の色です。同時に、静かな様子や、冷静な様子もあらわします。かつて青色はとても広い範囲をあらわす色名で、植物の緑にはじまり黒や白までもさしていました。

白百合色(しらゆりいろ)
白百合の花のような、わずかに黄を含んだ白色。比較的新しい色名で、西洋から伝わった「リリー・ホワイト」の訳語です。白百合は聖母マリアのシンボルで、「純潔」や「処女性」を象徴しています。

笹色(ささいろ)
本紅(艶紅とも。古くは口紅として用いられていた)が乾くと、美しい緑色になりますが、それが笹の葉を連想させることから「笹色」と呼ばれるようになりました。

青漆(せいしつ)
藍草(藍染めに用いられる植物)から取り出された、絵の具にも用いられる藍蝋(あいろう)などを漆に加え作られた色。深く渋みのあるあたたかい色ですね。

島松鼠(しままつねず)
どこか寂しげな、落ち着きのある緑。波風にさらされ、じっと耐え忍んでいる松の枝ぶりを連想させる色です。見ていると、心が落ち着く色。

薄縹(うすはなだ)
穏やかで品のある青色。代表的な青色である「縹色(はなだいろ)」の中でも、もっとも薄く染めた色です。どこか涼しげな薄縹は、夏にぴったりな色ですね。

白藍色(しらあいいろ)
藍染の中でももっとも淡く薄い色。
透き通った水のように繊細で美しいですね。

紺瑠璃(こんるり)
瑠璃色がかった紺色。「瑠璃紺(るりこん)」とも呼ばれる、深く美しい青色です。古くからある伝統ある色名で、江戸時代には小袖(こそで)の色として流行しました。

鋼色(はがねいろ)
深く渋い鋼の色。少し重たくなりがちな色ですが、
守られているような、あたたかい色な気がしてとても好きです。

千草鼠(ちぐさねず)
千草鼠は、青緑みのある灰色です。緑を含んだ明るい青色の「千草色」は重ね染めの下地の色として用いられましたが、千草鼠は汚れが目立ちにくい実用性の高い色でした。

薄浅葱(うすあさぎ)
浅葱色をさらに薄くした爽やかな色。
涼しげな印象を受ける、夏にぴったりな色ですね。

左伊多津万色(さいたづまいろ)
さいたづまとは、多年草のイタドリの古名です。
白い小さな可愛い花をつけます。芽は食用となり、根は薬として使用され、昔から人々の身近な草でした。

松葉色(まつばいろ)
深く渋い緑色。まるで松の葉のような、エネルギーに満ちた力強さがあります。
長寿と不変の象徴とされ、縁起物とされた松。松葉色も、縁起の良い、めでたい色として愛されてきました。

中黄(ちゅうき)
強く鮮やかな黄色とは少し異なる、やさしさを感じさせる、落ち着いた色。

薄黄蘗(うすきはだ)
淡く、とても美しい色。
少しはかない印象もありますが、淡く光る月のような、やさしい色ですね。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事