9月のいろ #にっぽんのいろ

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

日本の自然や文化から生まれた美しい伝統色。周りを見渡せば、いろいろな場所に日本の色を見つけることができます。このページでは、Twitterで毎日配信している「にっぽんのいろ」を、月ごとにまとめました。心落ち着く色や、元気が出る色、優しい色、自分に似合う色。ぜひお気に入りの「にっぽんのいろ」を見つけてみてください。

蒸栗色(むしぐりいろ)
秋を彩る味覚のひとつである栗。蒸栗色は、蒸した栗のような、淡くてやわらかい黄色です。とても秋らしい、上品な色ですね。

葡萄色(えびいろ)
「えび」とは海の「海老」ではなく、「葡萄(ぶどう)」のこと。秋の野山で小さなかわいい実をつけるヤマブドウの色です。

紫烏色(しうしょく)
カラスの羽のような、艶のある黒色です。深く、上品で神秘的な色をしています。

一位色(いちいいろ)
イチイの木の芯材で染められた、赤味のある淡い茶色。とても上品な色です。イチイは材木として活用され、9月頃に赤い実をつけます。

近衛柿(このえがき)
明るくてやわらかい橙色。秋らしくて、心がほっこりする、素敵な色です。

茜色(あかねいろ)
秋は夕暮れがとても美しい季節です。茜色は、赤い根をもつアカネによって染められた色。アカネは藍にならぶ最古の染料のひとつとされています。

桔梗色(ききょういろ)
秋の七草のひとつとして数えられる桔梗の花の色。平安時代に生まれた色ですが、江戸時代に入っても人気は高く、たくさんの人に愛されてきた美しい色です。

葡萄茶(えびちゃ)
深く渋い赤色。明治時代の女子学生は、この色の袴をはいていたそう。別名は「海老茶(えびちゃ)」。

紺桔梗(こんききょう)
桔梗色よりも少し濃い、美しい色。江戸中期に生まれた色とされています。

刈安色(かりやすいろ)
刈安はイネ科の多年草で、関西を中心に自生しています。「刈安色」は、刈安の葉や茎が染料として使われた、淡く優しい色です。

葡萄鼠(ぶどうねず)
深く渋い紫色。上品な雰囲気を持つ、とても美しくかわいらしい色ですね。

葡萄紫(ぶどうむらさき)
葡萄の実の色のような、深い紫。潔さも感じるくっきりとした紫色は、力強く、秋の風景を彩ります。

黄金色(こがねいろ)
金色のこと。錆びず、退色もしない金は、古くから重宝されました。華やかさの中にも落ち着きのある、素敵な色ですね。

青朽葉(あおくちば)
バリエーションが多い「朽葉色」の中で、もっとも緑みの強い色。少しずつ秋へと移ろう季節を表現するような、素敵な色ですね。

女郎花(おみなえし)
秋の七草のひとつとして数えられるオミナエシの花の色。「女郎(いらつめ)」とは身分の高い女性や若い女性のことで、秋の野原にひっそりと佇む様子が例えられました。

承和色(そがいろ)
少しくすんだ落ち着きのある黄色。平安時代初期に在位した仁明(にんみょう)天皇が愛した黄菊の色です。天皇治世の年号が「承和」と呼ばれていたため、この名が付きました。

落栗色(おちぐりいろ)
熟して地面から落ちた栗皮からとられる色。「栗色」よりも引き締まった深い色をしています。

紫苑色(しおんいろ)
秋の野を紫色の美しい花で彩るシオンの色。平安時代では、高貴な紫色が愛され、紫色の花の名前が付けられた色がたくさん誕生しました。

尾花色(おばないろ)
薄(すすき)の穂の淡い黄色。薄は秋の七草のひとつで、別名「尾花」と呼ばれます。とても優しく、落ち着いた色。

桔梗納戸(ききょうなんど)
優雅さを感じさせる美しい紫。鮮やかな桔梗色とは対照的な、落ち着いた大人の色です。

胡桃色(くるみいろ)
クルミの木の果皮や樹皮、葉などは古くから染料として用いられ、『枕草子』にも登場するほど古くから親しまれてきました。とても可愛い名前の色ですね。

月白(げっぱく)
青みを含んだ白。とても穏やかな美しい色をしています。名前も素敵ですね。

紅緋(べにひ)
黄を含む美しい赤色。紅花染めに、支子(くちなし)や鬱金(うこん)などの黄で染め重ねられました。この頃から見られる、彼岸花のような印象的な赤色です。

紫式部(むらさきしきぶ)
秋になると、小さな可愛い紫色の実をつける紫式部のような色。秋らしい綺麗な色ですね。

浪花鼠(なにわねず)
繊細で落ち着いた大人の色。商都として賑わう大阪の、もうひとつの表情をのぞけそうな綺麗な色ですね。

み空色(みそらいろ)
どこか神秘的な雰囲気を持つ、明るい青紫色。み空色の「み」は、尊いものへの美称で、「み雪」や「み山」、「み吉野」などがあります。

団栗色(どんぐりいろ)
秋らしい、可愛らしい色です。いくつになっても、どんぐりを見つけたときの喜びは変わらないような気がします。

萩色(はぎいろ)
秋の七草のひとつとして数えられる萩の花のような色。平安時代から女性に人気があり、可憐な色として古くから愛されてきました。

葡萄酒色(ぶどうしゅいろ)
赤ワインのような深い紅色。秋らしい落ち着きのある素敵な色ですね。ワインが日本に普及したのは明治時代からです。

赤朽葉(あかくちば)
地面に舞い散った落ち葉の中でも、赤く紅葉した落ち葉の色。秋らしい美しい色で、平安時代には貴族が秋に着用する装束の色に使われました。写真は、一足先に秋の訪れを教えてくれる草紅葉。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活

関連する記事