日本の伝統色

杜若色かきつばたいろ

5月から6月にかけて、紫色の美しい花を咲かせるカキツバタの花の色。青みのある鮮やかな紫で、かつてはカキツバタの花に紙や布を擦り付け、紫をうつしとっていたといわれています。『万葉集』には、その様子が描かれた和歌がおさめられています。

旬の草花

杜若かきつばた

初夏に美しい紫色の花を咲かせるカキツバタ。古くから日本にある植物で、たくさんの人に愛され、親しまれてきました。とくに江戸時代では品種改良が盛んに行われ、尾形光琳が描いた屏風絵「燕子花図屏風」ではカキツバタが印象的に描かれ、国宝になっています。そんなカキツバタの花言葉は、「幸運は必ず訪れる」。

杜若色の紙

クリックで拡大

ビオトープGA-FS マゼランブルー

クラフトパルプを配合した素朴で力強い質感をもつファインペーパーです。自然界から抽出されたような鮮やかで深みのある全18色。

クリックで拡大

玉しき 青

散りばめられた玉模様の透かしが美しい和様のファインペーパー。和のテイストを際立たせる6色です。

クリックで拡大

NTパイル ブルー

ポリエステルベースの透明シートです。波打ち、カールが無く、裂けにくく、折り曲げても白化しません。

クリックで拡大

ハンマートーンGA ロイヤルブルー

ハンマーという名のとおり、槌で細かく叩いたような優しい打ちつけ模様のエンボスが特徴のファインペーパーです。多様なエンボスとカラーの組み合わせからなるT-EOS(ティオス)シリーズのひとつ。

クリックで拡大

STカバー 群青

イギリスの木炭紙をイメージした簀目模様のファインペーパーです。

クリックで拡大

マーメイド 海

人魚のすむ海のさざなみのような、穏やかなフェルトマークを持つファインペーパーです。フェルトマークとは、製紙工程で用いるフェルトの織り模様から紙の表面に転写される風合いのこと。豊かな60色を3つの厚さでラインナップしています。

TAKEO paper trading since 1899

株式会社竹尾 TAKEO Co., Ltd.

1899年創業の紙の専門商社です。製紙会社・デザイナーとの協働により、豊かな質感や色を持つ紙「ファインペーパー」の開発を手掛け、数々のオリジナル商品を生み出してきました。ショップ兼ショールーム「見本帖本店」や、ウェブストア「takeopaper.com」の運営など、新しい紙の文化と市場づくりに挑戦し続けています。

  • TwitterTwitter
  • FaceBookFaceBook
  • InstagramInstagram

ITEMS

ご紹介の紙は、竹尾のオンラインストア「takeopaper.com」にて購入できます。
約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストア takeopaper.com

INDEX

  • 2019 / 12 / 16紅紫
  • 2020 / 1 / 15松葉色
  • 2020 / 2 / 14紅梅色
  • 2020 / 3 / 13菜の花色
  • 2020 / 4 / 15桜色
  • 2020 / 5 / 15躑躅色
  • 2020 / 6 / 12NEW!杜若色
  • 2020 / 7 / 15青竹色
  • 2020 / 8 / 12向日葵色
  • 2020 / 9 / 15女郎色
  • 2020 / 10 / 15竜胆色
  • 2020 / 11 / 13赤朽色

PRODUCED BY

暦生活 KOYOMI SEIKATSU

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを毎日お届けします。Twitter、Instagramでは、日常の季節感を切り取る #暦生活写真部もフォロワーのみなさまと活動中。