「国民の祝日」と「年中行事」

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

国民の祝日(こくみんのしゅくじつ)

日本には、たくさんの祝日があります。 ふだんは何気なく過ごしがちですが、その趣旨や由来を知って過ごすのも味わい深いものです。

< 日付表 >
※2021年は、東京2020オリンピック・パラリンピック開催のため、「海の日(7月の第3月曜日)」は7月22日、「スポーツの日(10月の第2月曜日)」は7月23日、「山の日(8月11日)」は8月8日になります。なお、従来の祝日にあたる日は、平日になります。
< 各祝日 紹介 >

元日(がんじつ)

1月1日。
神社やお寺へ初詣に行ったり、おせち料理や雑煮を食べて、年のはじめを祝います。
「大正月」と呼ばれることも。戦前より、この日は祝日とされ、紀元節、天長節、明治節と並んで四大節(祝祭日)のひとつに数えられていました。みんなで「年神様」をお迎えして、お祝いしましょう。

成人の日(せいじんのひ)

1月の第2月曜日。
大人になった青年を祝い励ます日。
多くの地域では新成人が晴れ着に身を包み「成人式」に参加します。昔は「元服の儀」として1月15日の小正月に行われていました。

建国記念の日(けんこくきねんのひ)

2月11日。
日本の建国をしのび、国を愛する心を養う日。
初代天皇の神武天皇が即位した日と言われています。実際にこの日は、日本が歴史的に建国された日ではありません。

天皇誕生日(てんのうたんじょうび)

2月23日。
日本国の象徴である天皇の誕生日を祝う日。
この日、皇居ではいろいろな祝賀行事が行われます。昭和の時代は4月29日で現在の「昭和の日」になります。平成の時代は12月23日でした。

春分の日(しゅんぶんのひ)

3月20日頃。
昼が長くなり、夜の長さとほぼ等しくなります。
自然をたたえ、生物をいつくしむ日とされています。日付の決め方は、毎年2月に国立天文台が翌年の「春分の日」を発表しています。

昭和の日(しょうわのひ)

4月29日。
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨とした祝日です。
元は昭和天皇の「天皇誕生日」でした。

憲法記念日(けんぽうきねんび)

5月3日。
「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としています。
1947年5月3日に日本国憲法は施行されました。ちなみに5月1〜7日は「憲法週間」とされています。これからの国の成長を願う日です。

みどりの日

5月4日。
自然に親しみ、感謝し、豊かな心を育む日。春から夏へと移り変わるこの頃。
花や緑の植物たちはいきいきと輝きます。これからも自然に感謝し、大切にしていきたいですね。

こどもの日

5月5日。
こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日。
旧暦の5月5日が、男の子の成長を祝う「端午の節句(たんごのせっく)」であることからこの日になりました。

海の日(うみのひ)

7月の第3月曜日(2021年は例外)。
海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日。
祝日になる前は「海の記念日」という記念日でした。また7月は「海の月間」でもあります。

山の日(やまのひ)

8月11日(2021年は例外)。
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としています。
祝日のなかった8月に、2016年より新たに施行されました。山や自然の恵みが豊かである、日本ならではの祝日です。

敬老の日(けいろうのひ)

9月の第3月曜日。
社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日。
世界的にもめずらしい祝日となります。老人福祉法では9月15日は「老人の日」、9月15〜21日は「老人週間」とされています。

秋分の日(しゅうぶんのひ)

9月23日頃。
この日を境に、昼間が短くなっていきます。
「彼岸の中日(ちゅうにち)」でもあり、祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ日とされています。

スポーツの日

10月の第2月曜日(2021年は例外)。
スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう日。
1964年の東京オリンピックの開会式にちなんでいます。2020年から体育の日がスポーツの日に名称変更されました。

文化の日(ぶんかのひ)

11月3日。
自由と平和を愛し、文化をすすめる日。
この日、皇居では文化勲章の授与式が行われます。明治天皇の誕生日を祝う「天長節」が由来となっています。

勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ)

11月23日。
勤労を尊び、生産を祝い、たがいに感謝しあう日。
元々11月23日は、今年の稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する「新嘗祭(にいなめさい)」が行われており、戦後に国民の祝日として勤労感謝の日が定められました。

 
 

年中行事(ねんじゅうぎょうじ)

昔からある伝統的な行事や海外から伝わってきた行事など、 一年中、日本中で、さまざまな行事が親しまれています。

< 日付表 >
※お盆は関東では7月15日、関西では8月15日が多いなど、地域によってさまざまです。

 

< 各行事 紹介 >

節分(せつぶん)

立春の前日。2月の3日頃にあたります。
疫病や災厄の原因と考えられていた「鬼」を退治するために豆まきをしたり、その年の「恵方(えほう=良い方向)」を向いて食べる恵方巻も親しまれています。

バレンタインデー

2月14日。
女性が男性にチョコを贈って愛を告白する日。
欧米ではチョコに限らず、カードやプレゼントを贈ります。日本では義理チョコや友チョコなど独特の楽しみ方も広がっています。

ひなまつり

3月3日。
ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願います。五節句のひとつで「上巳(じょうし)の節句」や「桃の節句」、「雛節句」とも呼ばれます。ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などの縁起物をいただき、お祝いしましょう。

ホワイトデー

3月14日。
男性がバレンタインデーのチョコのお返しを贈る日。特に決まりはありませんが、一般的にマシュマロやキャンディなどのお菓子を贈ります。ホワイトデーの習慣は日本で生まれたといわれています。

エイプリルフール

4月1日。
「4月1日は嘘をついても良い日」という風習があります。英語の「April Fool」は騙された人のことを指します。エイプリルフールの起源はわかっておらず、日本には大正時代に欧米の「エイプリルフール」が伝わったという説や、中国から「万愚節」が伝わったともいわれています。

イースター

春分の後の最初の満月の日の次にくる日曜日。
イエス・キリストの復活を祝う「復活祭」です。キリスト教のもっとも重要な祭日とされています。復活の象徴として「卵(エッグ)」が使われます。エッグハントと呼ばれる、イースターエッグやお菓子を庭や公園に隠す遊びなどをして楽しみます。

母の日(ははのひ)

5月の第2日曜日。
日頃の母親の苦労を労り、感謝を伝える日。感謝の気持ちとともに、カーネーションやプレゼントを贈るのが一般的です。母の日は世界共通の日付ではなく国によって異なります。

父の日(ちちのひ)

6月の第3日曜日。
日頃の感謝の気持ちを、父親に伝える日。母の日のカーネーションに対し、バラを贈るとされています。アメリカのある女性が「母の日」と同じく、父親への感謝として白いバラを贈ったのがはじまりとされています。

七夕(たなばた)

7月7日。
五節句のひとつで、もとは「7月7日の夕方」のこと。天の川を挟んで輝くふたつの星、「織姫」と「彦星」が年に一度会うことが許される日です。短冊に願い事を書いたり、七夕飾りを作ったりして楽しみます。

お盆(おぼん)

関東では7月15日、関西では月遅れの8月15日が多いなど、地域によって違います。
盂蘭盆会(うらぼんえ)の略語で、ご先祖様の霊を家々に迎えて祀る行事。地域や宗派によってさまざまな風習があります。

ハロウィン

10月31日。
もとはケルト暦の1年を締めくくるお祭りが由来となった行事。秋の収穫を祝うお祭りとも。カボチャのランタンを作って飾ったり、子どもたちが仮装して楽しみます。

クリスマス

12月25日
イエス・キリストの降誕を祝う「降誕祭」。クリスマスはキリストのミサという意味があります。明治時代に日本に伝わり、今ではすっかり定着しました。クリスマスツリーを飾ったり、贈り物をしたりと楽しい年中行事のひとつです。

大晦日(おおみそか)

12月31日。
毎月の最後の日を晦日(みそか)といい、1年の最後の晦日を大晦日といいます。大晦日までに大掃除や正月飾りをして、除夜の鐘を聞きながら、ゆっくりと新年を迎えたいですね。

 

手帳やカレンダーにおすすめ!
暦生活スケジュールシール<祝日と行事>

国民の祝日や行事の日に貼れる“祝日と行事”のスケジュールシールです。
手帳やカレンダーに貼っておくとその日が来るのが楽しみになりますよ。

 
 

2021年版カレンダーの祝日の表記について

新日本カレンダー(暦生活)が製造販売した2021年版カレンダーは、2020年2月時点の暦情報に基づいて作られています。 そのため、2020年12月4日に公布された法改正による祝日の変更(東京五輪延期に伴う祝日移動)には対応しておりません。 これはカレンダーの業界団体、全国カレンダー出版協同組合連合会(JCAL)の方針に準拠したもので、JCAL会員各社の2021年カレンダーは同様の表記となっています。 弊社のカレンダーをご使用いただいている皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解とご容赦のほど、よろしくお願い申し上げます。 詳細はJCALのWebサイトでご確認ください。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活