盆踊りぼんおどり

旬のもの 2023.08.10

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

こんにちは。巫女ライターの紺野うみです。

皆さんも、日本の夏祭りと言われて思い浮かぶイメージの中には、きっと「盆踊り」の光景があるのではないでしょうか。
その名の通り、お盆の時期に神社やお寺、地域の広場などで行われるもので、夏を代表する風物詩としても広く愛されている催し物です。

全国各地でさまざまな形の盆踊りが受け継がれていますが、主にやぐらを組んでその周りを輪になって回りながら踊る輪踊りの形式と、列を組んで練り歩く行列の形式の二種類が一般的。

誰でも気軽に踊りに参加できる形と、踊り手が決まっていてそれを見て楽しむ形とがあります。
老若男女を問わず誰でも参加できるうえ、振り付けも難しすぎないので見様見真似ですぐに踊れて、近くで見ていると思わず体を動かしたくなってくる不思議な魅力があります。

盆踊りは、ただお祭りとして賑やかに楽しむだけの踊りではなく、本来はお盆にこちらの世界に帰ってきた故人やご先祖様の霊をおもてなしして、ふたたび魂があの世へ戻ってゆくのを見送る、供養の意味が込められた行事だということをご存知でしょうか。
お盆は13日から16日までの期間ですが、13日の夜に迎え火を焚いて精霊をお迎えし、多くの地域で15日の夜に盆踊りが行われます。そして、16日の夜には送り火とともに、精霊送りを行う風習になっているのも、そういった理由があるのです。

お盆は、この世を生きる私たちを見守ってくれている大切な故人やご先祖様に想いを馳せて、生きる喜びや感謝を感じながら、過ぎゆく夏を共に過ごす期間。
その終わり頃に行われる盆踊りも、祖霊との別れを惜しみ、楽しいけれど切なさも心に沁みる催しなのですね。

その歴史は古く、由来は平安時代の空也上人(くうやしょうにん)という僧侶によって始められた踊念仏(おどりねんぶつ)を鎌倉時代に一遍上人(いっぺんしょうにん)が全国に広め、それが仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という死者を供養する行事と結びついて現在のような形になっていったと言われています。

また、盆踊りには地域社会の結束を強めるという要素もあり、江戸時代には近所の人々の交流や男女の出会いの場としても、貴重な楽しみの場となっていたようです。
現代においても、家を出て暮らしている人たちがお盆で里帰りをして、家族や懐かしい友人と久しぶりに再会する得難い機会になっていますね。
本来、旧暦の盆踊りの晩は満月でしたから、月明りに照らされながらみんなで賑やかに過ごすひとときを、きっと昔も今も多くの人が心から楽しんできたに違いありません。

「日本三大盆踊り」としては、徳島の阿波踊り、秋田の西馬音内(にしもない)の盆踊り、岐阜の郡上踊りが挙げられていますが、その他にも数え切れないほど全国各地で開催され、それぞれのスタイルで盆踊りが親しまれています。

皆さんがお住まいの地域でも、近隣で盆踊りが開催されているでしょうか?
今年は、ぜひその深い意味合いも思い出していただきながら、不思議な魅力と非日常の空気が感じられる「盆踊り」に参加してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

紺野うみ

巫女ライター・神職見習い
東京出身、東京在住。好きな季節は、春。生き物たちが元気に動き出す、希望の季節。好きなことは、ものを書くこと、神社めぐり、自然散策。専門分野は神社・神道・生き方・心・自己分析に関する執筆活動。平日はライター、休日は巫女として神社で奉職中。

  • instagram
  • facebook
  • note

紺野 うみ|オフィシャルサイト

関連する記事

カテゴリ