美しい伝統色の本をご紹介します。

この記事を
シェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

「染司よしおか」が今に伝える日本の色。

暦生活で記事を書いてくださっている染織家・染司よしおか6代目の吉岡更紗さん。今回は、お父様である先代・故吉岡幸雄さんが書かれた本を3冊ご紹介します。吉岡更紗さんから本へのコメントもいただきました。暦生活編集部から見たおすすめポイントを交えながら、本屋さんでパラパラめくっているみたいに、お気軽にご覧ください。

『日本の色辞典』

日本の色を生業にされた染織家が書かれた、知識や思いが凝縮された一冊。読み進めていると、とても貴重で丁寧な解説文に引き込まれます。歴史解説も豊富で、色の成り立ちやあり方、使われ方などがよく分かります。写真も多く掲載され、自然の風景から季節も感じられます。日本の色や歴史、文化に興味のある方にとてもおすすめです。

日本の伝統や文化を感じさせる、美しい本です。背筋がピンと伸びるよう。どんな色の物語に出会えるのだろう。

自然とひたすら向き合う仕事にたずさわってから、私は、人が古来より美しいものに憧れ求め続けてきたのは、眼に映ずる自然の移ろいを身近に引き寄せたいと願うからであると、確信するようになってきた。(「はじめに」より)

珊瑚色。とても好きな色です。じっくり解説を読んでいると、知らなかったことがたくさん。まるで色の博物館に来たような気持ちになります。

ところどころに美しい写真が挟まれており、日本の自然美を感じながら読み進めることができます。この青空の写真、とても好きです。自然の色は素直で綺麗だと心から思います。

掲載されている色見本がとにかく美しい。自然由来の色だからか、どの色も優しい雰囲気です。

添えられている資料写真のひとつひとつが美しく、色に深みを与えてくれます。解説や資料と一緒に色を見ると、最初に見た時とは違った印象を持ち、それがとても面白いんです。

何枚もの衣装を重ね、そこに四季折々の自然を映した襲(かさね)の色目。紅梅、蝉の羽、紅葉、雪の下などそれぞれ名前を持ち、今の生活にも取り入れたいほど美しい色の組み合わせが並びます。

染織家・染司よしおか6代目の吉岡更紗(よしおかさらさ)さんからのコメント

日本の伝統色の内209色を色見本と共に詳しく解説した1冊。現在、日本の伝統色に着目した書籍は数多くありますが、この本の魅力は色見本にあります。すべて染司よしおかで天然染料を用い染められた布や紙を、ダイレクト製版という方法で直接印刷されています。(よく見ると生地目が見えます。)辞典のようになっていますので、お好きな色からご覧いただき、色ごとに知識を深めていただき、日本の伝統色の奥深さをお楽しみください。

『日本の色辞典』

著者:吉岡幸雄、福田伝士 (染色)
出版社:紫紅社
ページ数:302ページ
定価:3,630円(税330円)

こちらの本は、「暦生活のお店」で購入いただけます。ぜひ、本棚に加えてみませんか?

『日本の色の十二カ月 古代色の歴史とよしおか工房の仕事』

一年を十二ヶ月に区切り、歳時記のように日本の色のことが書かれています。まさに、色の歳時記と呼べる美しい本です。文章も読みやすく、分かりやすい。そして何より丁寧です。資料として掲載された写真も美しく、パラパラと眺めているだけでも楽しいです。「色を語って歴史を語る」。きっと、より深く、日本の色について知ることができるはずです。

とても美しい、落ち着いた雰囲気の本。つい手にとって開きたくなります。

色を語って歴史を語る。
歴史が好きな人にとっても、新しい切り口でわくわくできる何かを再発見できるのではないでしょうか。

ところどころで挟まれている、京都の美しい写真が目を引きます。風景に溶け込んでいる日本の色を、この目で見に出かけたくなりました。

とても丁寧に書かれ、読みやすく分かりやすい。古来から続く美しい日本の「心」に触れられるような気がしました。ひと月ごとに区切られているのも嬉しいですね。

季節を感じながら、日本の色に思いを馳せる。とても贅沢な時間です。好きな飲み物を片手に、ゆっくりと流れる時間を味わってみませんか?

読んでいていいなあと思ったのは、文章と写真のバランスが絶妙で本を開くのが楽しみになること。染織家の目を通して日本の色や京都の街並み、季節や歴史を辿れたことがとても貴重なことで、この本に出会えて嬉しかったです。

染織家・染司よしおか6代目の吉岡更紗(よしおかさらさ)さんからのコメント

日本には四季があり、季節ごとに社寺では行事が行われます。染司よしおかの仕事と共に、ひと月ごとに歳時記をめぐるように、描かれた一冊です。普段みなさまの周りにある習慣が、実は古来から繋がっていることも知ることができる貴重な一冊だと思います。読みやすいので一気に読めてしまうかもしれませんが、その後はじっくり「その月毎にページをめくり、季節ごとの美しい色を知る」という習慣も素敵なのでは、と思います。

『日本の色の十二カ月 古代色の歴史とよしおか工房の仕事』

著者:吉岡幸雄
出版社:紫紅社
ページ数:288ページ
定価:2,530円(税230円)

こちらの本は、「暦生活のお店」で購入いただけます。ぜひ、本棚に加えてみませんか?

『源氏物語の色辞典』

平安時代中期、紫式部によって書かれた『源氏物語(げんじものがたり)』。主人公の光源氏を通して平安時代の貴族社会を描いた物語は五十四帖からなり、そこに登場する襲(かさね)の色目を完全再現し、辞典としてまとめられました。読み進めていくと、色鮮やかな平安朝文化が目の前に蘇ってくるようです。古来、色は人々にとって生活を彩る大切なものだったのですね。

本来は想像するしかない、物語の中に登場する日本の色。平安時代にタイムスリップするかのような、不思議な感覚でした。

この本を経て『源氏物語』を読むと、目の前にその時の情景が思い浮かび、より深く物語を味わえると思います。

この場面に出てくる「彩さまざまな文」とはこのような紙だったろう、と完全再現された色紙。季節に合わせて選んでいたのでしょうか。昔の人々の心に触れられるような気がします。

掲載されている色見本がとにかく美しいですね。私はこの「須磨(すま)」の美しくもどこか哀しい色目が好きになりました。最初から順番に見てみるのもいいし、気になった襲(かさね)の色目から見てみるのもいいですね。

光源氏の愛した色、平安貴族の華麗な衣装が色鮮やかに蘇ります。はるか昔の人々の物語が、より身近に感じられるようになりました。日本の色が好きな人はもちろん、『源氏物語』が好きな人、昔読んだことのある人も楽しめる本になっています。

染織家・染司よしおか6代目の吉岡更紗(よしおかさらさ)さんからのコメント

平安時代に生まれた『源氏物語』。恋愛小説でありながら、衣装や調度、和歌など王朝文化が花開いたこの時代の人々の色彩感が豊かに描かれています。本書では54帖それぞれに登場するかさね色や色彩、衣装の記述に沿って、染司よしおかで染めた衣装がカラフルに登場します。視覚でもお楽しみ頂きたく、『源氏物語』(原文、訳書、漫画)と共にページを開いていただくことをおすすめしたいと思います。平安時代の方々の色彩感とはなんと豊かだったのか…と驚かされますし、季節感にあった色への興味が沸いてきます。

『源氏物語の色辞典』

著者:吉岡幸雄
出版社:紫紅社
ページ数:256ページ
定価:3,630円(税330円)

こちらの本は、「暦生活のお店」で購入いただけます。ぜひ、本棚に加えてみませんか?

暦生活の読み物

吉岡更紗 よしおかさらさ

染織家・染司よしおか6代目
京都市生まれ、京都市在住。紫根、紅花、藍などすべて自然界に存在する染料で古法に倣い染織を行う「染司よしおか」の6代目。東大寺二月堂修二会や薬師寺花会式など古社寺の行事に染和紙を納める仕事もしているため、冬から春にかけてが一番好きな季節。美しい日本の色を生み出すために、日々研鑽を積む。

「暦生活の本。」

暦生活が、本になりました。2020年の年始に『まいにち暦生活 日本の暮らしを楽しむ365のコツ』を、年末に『365日にっぽんのいろ図鑑』を出版することができました。いつか暦生活が本になったらいいなと思っていたので、とても嬉しいお仕事でした。

「おすすめの本。」

自分を大切にしたくなる本と、散歩が楽しくなる本。暦生活で記事を書いてくださっている国際中医専門員・漢方専門家の櫻井大典さんと、俳人の森乃おとさん。今回は、おふたりの書かれた本を2冊ご紹介します。それぞれ、著者であるおふたりからコメントもいただきました。

この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

  • instagram
  • facebook
  • note

暦生活