今日の読み物

読み物

お買い物

人気記事

特集

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

お月くんクッション こだわりポイントのご紹介

この記事を
シェアする
  • X
  • facebook
  • B!
  • LINE

開発担当者がこだわりポイントをご紹介

ネットストア「暦生活のお店」で4月10日(月)まで予約受付中のお月くんクッション。こちらのページでは、開発担当者がお月くんクッションのこだわりポイントを3つご紹介させていただきます。
ぜひご覧ください。

こだわりポイント1 寝待月と新月のお月くんの表情

お月くんクッションは表面と裏面で表情が違う、両面使えるリバーシブル仕様です。
表面には暦生活のSNSでも馴染み深い「寝待月」のお月くん、裏面にはすやすやと眠る「新月」のお月くんが描かれています。

裏面は満月にするか新月にするかで迷いましたが、すやすやと眠る穏やかな表情が皆さんの生活により馴染みやすいのではないかということで、新月になりました。
満月派の皆さんはSNSのコメントでぜひ教えてくださいね。

お月くんの魅力は穏やかで優しい微笑みです。
じつは、お顔がシンプルなパーツで構成されているが故に、目と口の位置が少しでもずれると違和感を感じてしまうという難しさも。
パーツの位置と大きさを1mm単位で何度も調整し、優しい雰囲気を壊さないようにこだわりました。

新月のお月くんのチャームポイントである鼻ちょうちんもしっかりと再現されていますよ。
口元も商品写真より本来のお月くんの姿に近づけてお届けいたしますので、お楽しみに。

こだわりポイント2 お月くんの優しさを表現した生地

優しい雰囲気を触り心地からも表現するため、「ソフトベルボア」と呼ばれる毛足の短いふわふわとした生地を使用しています。
ぬいぐるみにもよく使用される人気の生地で、いつまでも撫でていたくなりますよ。
顔のパーツには刺繍を使用しているので、触り心地を損ないません。

今までにもいくつかお月くんグッズをお届けしてきましたが、布でお月くんを表現するのは初めてでした。
試行錯誤した結果、パッと明るい印象で元気をもらえる黄色と、重すぎず優しい色味のグレーの生地を選んでいます。
新月のお月くんの鼻ちょうちんの色も、彩度が強すぎない、馴染む水色にしたいと思いこだわりました。
鼻ちょうちんの部分だけ布の質感が違うので、ぜひ触って確かめてみてくださいね。

こだわりポイント3 抱き心地の良い大きさとフォルム

サイズは直径30cmと大きめで、腕にすっぽり収まる大きさです。
中綿もたっぷり使用しているため、厚みも約12cmあり、もちもちとした弾力が魅力的。
しっかりと丸みのあるフォルムにすることで、お月くんクッションを触りながら、月の丸みや満ち欠けを想像していただけたらと思いながら作りました。

お月くんクッションはぬいぐるみとしてもお使いいただけます。
ぬいぐるみには癒し効果があると言われ、最近はぬいぐるみセラピーなどにも使われています。
人は人と触れ合うことで「オキシトシン」という幸せホルモンが出るそうです。
ぬいぐるみを見て、話しかけたり、抱きしめたりすることで、人と触れ合う時と同様にオキシトシンが出て不安感や孤独感が和らいだり、ストレスが緩和したりするのだとか。
みなさんも、お月くんを抱きしめて、癒し効果を体感してみてくださいね。

想いが詰まったお月くんクッション

じつは、私にとっては初めて商品化できた商品が「お月くんクッション」でした。
企画の進め方もわからない中、周囲の方々の力をお借りしながら、みなさまにこうしてご紹介することができて、とても感慨深いです。
予約受付は4月10日(月)までという期間限定ではありますが、たくさんの方にご覧いただけましたら幸いです。

これから先も、みなさんの生活に優しく寄り添いたいという想いを込めて。
お月くんと一緒に、リラックスしたり、季節行事の写真を撮ったり、毎日月を見上げたり…。
「日本の季節を楽しむ暮らし」を気軽に楽しんでみませんか?

【受注生産】お月くんクッション 寝待月 / 新月

予約受付期間:2023/3/10から2023/4/10まで
本体サイズ:幅30×高さ30×厚さ12cm
圧縮時:幅30×高さ30×厚さ2cm
素材:ポリエステル
製造国:中国

※本商品は受注生産商品です。
※本商品は6月上旬の発送を予定しております。あらかじめ了承ください。


こちらもおすすめ『朝の日めくり』

『朝の日めくり(2023年4月始まり)』
このたび、新商品として「朝の日めくり」が暦生活の日めくりカレンダーに仲間入りしました。1日1語、日本の美しさを言葉と写真で楽しむ日めくりカレンダーです。写真は暦生活がセレクトし、言葉はSNSを中心に、書籍『雨夜の星をさがして』でも注目を集めている、古性のちさんにお願いしました。

この記事を
シェアする
  • X
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

記事一覧

暦生活