今日の読み物

読み物

お買い物

人気記事

特集

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

土用の丑どようのうし

暦とならわし 2020.07.21

この記事を
シェアする
  • X
  • facebook
  • B!
  • LINE

みなさん、おはようございます。
暦生活編集部です。

梅雨明けも近づき、本格的な夏はすぐそこまできていますね。
今日はそんな暑い夏を乗り切るためのならわしである「土用の丑の日」について。

「土用の丑の日」と聞くと、「ウナギを食べる日」と連想される方は多いのではないでしょうか?
その通り、これからくる夏を乗り切るために栄養たっぷりのウナギを食べる習慣が昔からあります。

昔というのは江戸時代のことで、当時は暑い夏にウナギが売れず、お店の方は困っていました。そこで、有名な学者であった平賀源内(ひらがげんない)が、お店に「本日丑の日」と張り紙をしたところ、元々この日にあった言い伝えで「う」のつくものを食べると病気にならないということにもはまり、見事にウナギが売れたのです。
ここから「土用の丑の日はウナギを食べる」ということが全国に広まっていきました。

今では、土用の丑の日が近づくと、スーパーや百貨店、魚屋などいろいろなところでウナギ商戦が行われていますね。

私もウナギは大好きなのですが、実は長年食べられない時期がありました…。

というのも、幼少期の頃、祖父が土用の丑の日にウナギを食べるために、生きている状態のウナギをさばいていました。ニョロニョロと動くウナギの頭に釘を刺し(目打ち)、固定してさばいていくのですが、その姿があまりにも可哀想で…
祖父の包丁さばきは見事なのですが、唖然としてしまい、その日どころかしばらくはウナギを食べることができませんでした。

食卓に出されたウナギを見つめ、どうやったらこのウナギを食べずにお皿の上から消せるのかと小さな頭で何度も考えていました。

月日は流れ、歳を重ね大人になり、だんだんとその記憶も薄れ、今ではおいしくいただけるようになりました。

そして、気がつけば今度は私が食卓に料理を出す立場に。

といっても、好き嫌いの多すぎる2歳の娘は、骨が嫌とかなんとか言いながらきっとウナギを食べてくれないだろうな…と。(決めつけは良くないですが)

ウナギの他にも「う」のつくもの、「梅」「うどん」「ウニ」「瓜」などや、栄養価の高い「土用しじみ」、無病息災で過ごせるといわれている「土用餅」、ウナギのように精のつく「土用卵」など。夏の土用に食べると良いとされているものはたくさんあるので、他の食材を食べるのもいいなと思っています。

今年は、7月21日と8月2日と2回も丑の日が訪れます。
それぞれで食べるものを変えて食い養生するのもいいかもしれませんね。

※土用の丑の日の起源は諸説あります。

この記事を
シェアする
  • X
  • facebook
  • B!
  • LINE

暦生活編集部

日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。暮らしのなかにある、季節の行事や旬のものを学びながら、毎日お届けしています。日常の季節感を切り取る #暦生活写真部 での投稿も募集中。暦生活の輪を少しずつ広げていきたいと思います。

記事一覧

暦生活